腰痛の保存的治療



腰痛の保存的治療とはなにか?

腰痛で病院にかかると、いきなり手術をすることはほとんどありません。椎間板ヘルニアでも同じです。手術以外の治療を保存的治療と言います。

 

保存的治療のいろいろ

(1)薬物療法
痛みや炎症を抑える消炎鎮痛剤の投与を行うこともあります。またビタミン剤による神経の破損回復を試みることもあります。そのほか、精神的なストレスからやってきた腰痛には精神安定剤を投与することもあります。

 

(2)運動療法

ぎっくり腰などの治療は初期の頃は絶対安静ですが、腰のまわりの筋肉が衰えているのが原因でもあるのでドクターは「積極的に運動をしましょう」と言います。

かるいウオーキングでも水泳でもゴルフでもクロッケでもなんでもいいのですが、運動療法こそが腰痛を緩和させるのです。運動の度合いと再発性の恐れは、多くの人が気にするところですが、ドクターが「もっと運動してください」と言うのであれば、積極的に運動をしましょう。
腰痛の再発は痛みがともなうぶん怖いものですが、運動をしないとますます筋力が下がって腰痛を引き起こしやすくなります。

 

(3)温熱療法
ぎっくり腰は患部が熱を持つので、まず冷やすようにドクターに言われると思います。患部が炎症を起こして熱を持っているので冷やしましょう。
患部が熱を持っていない場合は、腰のまわりの血行が悪くなっているのが腰痛の原因であることが多く、温湿布を処方してくれると思います。コルセットや腹巻をしながら温湿布で腰のまわりをあたためましょう。

 

(4)牽引療法
腰の痛みは骨盤から下、つまり骨盤と両足の骨がずれていることでも起こります。
脚をひっぱって腰痛を治すこともあります。クリニックによってはこの整体的な治療に健康保険が適応されることもあります。

 

(5)装具療法
有名なのはコルセットの使用です。コルセットを装着すると無理な姿勢をすることを抑制してくれます。
また、状態を前にかがめたりした場合に内臓が動くのを抑える効果もあり、腰に無理な負担がかかるのを抑えてくれます。本来は腰のコルセットは腰まわりの筋肉が行うべきであって、長い間コルセットをしているのは筋力の低下を招くので良くないとされています。
最近は女性を中心に骨盤ベルトもはやっていますが、同じ理由で長期間の使用はよくありません。医者と相談しながら装着期間に配慮をするべきでしょう。

 

(6)ブロック療法
あまりにも痛みが激しい場合は局部麻酔を打って痛みをブロックします。何回かブロック療法を試して痛みが消えることもあるし、消えないこともあります。そのことでどこまでのダメージがあるのかを見分けることができます。
背骨が激しいダメージを受けている場合はブロック療法をおこなっても効果がなく手術をしましょうという結論になりますが、あくまでも手術は最後の手段というのが、細菌の腰痛治療のスタンダードな判断になっているようです。

腰痛は切らずに保存的治療で治す!関連ページ

病院で治療する
腰痛になって病院に行くなら、確実に治療を施して欲しいものです。そのためにも自分がどのような腰痛で悩んでいるのか、一度自分の腰痛の症状と向き合ってみましょう。
運動療法で治す
腰痛は安静・冷やすことで治す以外にも運動で治すことができます。
運動は腰痛にどのような効果をもたらすのか見てみましょう。
温める・引っ張る
腰痛になったら患部は温めるもの?冷やすもの?安静にしておくもの?マッサージさせるもの?そんな疑問をお持ちの方はこちらをご覧ください。