腰痛とヘルニア



椎間板ヘルニアの痛みについて

椎間板ヘルニアの痛みについて

ぎっくり腰で椎間板ヘルニアを併発してしまったとしても、ぎっくり腰の痛みのほうが勝るので椎間板ヘルニアを併発しているという自覚に乏しいものです。
ぎっくり腰が治ってもお尻から足にかけてしびれが残っている場合や、足の感覚が弱くなっている場合、足先がやたら冷える場合は椎間板ヘルニアを疑ってみてもいいでしょう。

 

特に坐骨神経痛の場合は、腰だけでなくお尻や脚全体に鈍い痛みが走ります。歩くと足が痛い、座ると足が痛い、そもそも正座することができないなどの症状が出てくると椎間板ヘルニアを疑ってみた方がいいでしょう。

 

痛みの拡散について

椎間板ヘルニアは腰を中心としてお尻、膝、足全体に痛みが拡散するのが特長です。
痛みはたいてい片方の足に出ますが、ひどい場合は両足に出てくることもあります。
もっとひどくなると排尿をするのが苦痛になったり排尿じたいがうまくできなくなったりします。椎間板ヘルニアは腰痛だけでなく、脚全体に痛みが拡散するのが特長です。

 

慢性型の場合

重たいものを持ったとか、急に立ちあがったなど自覚症状のある腰痛やぎっくり腰の場合は、椎間板ヘルニアは容易に発見することができます。病院に行くとぎっくり腰と併発していないかを医者が診てくれます。しかし慢性型(加齢などでじわじわと進行している椎間板ヘルニア)の初期の場合は「なんか腰と脚が痛いな」という程度の自覚症状なので、発見・治療ともに遅れがちです。

 

立っていることがつらくなった。長い時間座っていることに耐えられない。そもそも正座など脚の後ろの筋肉を伸ばすことが苦痛であるなどの場合は、椎間板ヘルニアを疑って早めに病院に行きましょう。

 

椎間板ヘルニアの治療について

カイロプラティックや整体に行くと椎間板ヘルニアが治るイメージがあります。完治はむずかしいものですが、たしかに症状は緩和します。しかしカイロや整体は健康保険が適応されないことが多いので、長期間の治療がむずかしいものです。

 

クリニックに行くと椎間板ヘルニア手術をすることもありますが、最近は「保存療法」が主流になっています。
保存療法とは温熱療法やストレッチ、低周波治療などです。要するに安静にしながら徐々に良くしましょうという治療法です。最近は椎間板ヘルニアの民間療法がたくさんあり、そのなかには素晴らしい治療法もありますが、椎間板ヘルニアは生涯の友としてながく付き合わざるを得ない症状ですので、長い間、金銭的負担を少なく治療する方法を選ぶことが求められるのではないでしょうか。