腰痛とヘルニア



椎間板ヘルニアの原因と症状

>>寝ているときに腰痛改善!腰痛対策布団はこちら<<

一度減った椎間板は元に戻らない

背骨と背骨のあいだには、椎間板という潤滑剤があります。
椎間板があるので骨どうしが摩擦したりきしんだりすることなく背骨を曲げることがきでます。この椎間板は20歳を過ぎると減る傾向にあります。
実際、50歳を過ぎた人のレントゲンは髄核と呼ばれる椎間板の中心は黒く写ります。
若々しい骨では白く写ります。

 

なにかを食べたから、なにか運動をしたからと言って増えることはありません。
老化は遅らせることができるので、椎間板の減りを遅らせることはできても、椎間板を増やすことはできないのです。
椎間板のなかの髄核が飛び出して神経を圧迫して痛みが走る、これが椎間板ヘルニアです。

 

髄核が飛び出してしまう原因

椎間板ヘルニアは加齢や背骨にかかる負荷によって起こります。加齢も不可も意識して避けることはほぼ不可能です。
唯一、椎間板ヘルニアの原因で意識的に回避できることとして「急な動作」が挙げられます。
ぎっくり腰も急な動作によって発症しますが、ぎっくり腰と椎間板ヘルニアは併発しやすいのです。
朝起きて、すぐに起きるとか、重たいものを腰を下ろさないで持ちあげる、高いところから飛び降りるなどの動作は20歳をすぎると控えたいものです。

 

 

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアはぎっくり腰のように腰への激痛が走ります。よって、ぎっくり腰と椎間板ヘルニアは区別がつきづらいのですが、しびれなど神経の異常があるかないかで見分けます。

 

ぎっくり腰は髄核が飛び出さないので、神経への異常はないものですが、椎間板ヘルニアは髄核が飛び出しているので、神経を刺激して腰からお尻のあたりがピリピリと傷みます。

椎間板ヘルニアの処置

ぎっくり腰の場合は1〜2週間程度で痛みが治まりますが、椎間板ヘルニアの場合はいつまでもしびれたような痛みが残ります。神経が圧迫されているので、安静に寝ていると治るというものではありません。できるだけ速やかにお医者さんに診てもらいましょう。

 

ぎっくり腰と椎間板ヘルニアを併発した場合は、先にぎっくり腰の対策をします。
つまり絶対安静で腰を冷やします。ぎっくり腰の症状が緩和してから、椎間板ヘルニアの対処をしても遅くはありません。

 

あたためるか冷やすか

ぎっくり腰の場合は、患部がねん挫したようになって熱を持つので、腰を冷やすのが鉄則です。
ぎっくり腰と椎間板ヘルニアを併発した場合も、一般的には腰を冷やすようですが、症状によるので、
自己判断で冷やさないでドクターの指示を仰ぎましょう。

その腰痛はヘルニアではありませんか?記事一覧

椎間板ヘルニアの痛みについてぎっくり腰で椎間板ヘルニアを併発してしまったとしても、ぎっくり腰の痛みのほうが勝るので椎間板ヘルニアを併発しているという自覚に乏しいものです。ぎっくり腰が治ってもお尻から足にかけてしびれが残っている場合や、足の感覚が弱くなっている場合、足先がやたら冷える場合は椎間板ヘルニアを疑ってみてもいいでしょう。特に坐骨神経痛の場合は、腰だけでなくお尻や脚全体に鈍い痛みが走ります。...